エコアクション21に取り組むメリット

エコアクション21への取組みによって、下記の様なメリットが期待できます。

1.総合的な環境への取り組みを進めることができる!

エコアクション21ガイドラインには、『環境経営システム』、『環境への取り組み』、『環境報告』の三要素がひとつに統合されています。そのため、ガイドラインに沿って取り組みを行うことで、環境への取り組みを総合的に進めることができます。

2.経営面での効果も期待!

環境経営システムの仕組みを作り、継続的に改善していくことにより、環境面だけでなく、経費の削減や生産性・歩留まりの向上、目標管理の徹底等の、経営面での効果もあげることができます。

3.金融機関の低利融資制度が受けられる! 

日本政策金融公庫をはじめ、多くの金融機関で、エコアクション21に取り組む事業者への低利融資制 が始められています。

4.取引条件の一つに対応! 

多くの大手企業が、環境への取り組みや環境経営システムの構築を取引条件の一つとしており、これに対応することができます。また、認証・登録にあたり自治体の補助を受けられたり、入札参加資格審査での加点を受けることができる場合があります。

5.社会からの信頼を獲得!

環境省のガイドラインに基づき、第三者機関の認証を受けることで、社会的な信頼を得ることができます。また、環境活動レポートを作成し、外部に公表することにより、取引先や消費者等からの信頼性が向上します。これは、企業の社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)の一環にもなります。

6.審査人による、指導・助言が受けられる!

事業者は、審査の際に、エコアクション21審査人から環境への取り組みなどに関する指導・助言を受けることができます。

 

 

エコアクション21の構築

ガイドライン

次のガイドライン(環境省のH.Pからダウンロードできます。)に基づいて取組を行い、構築します。

□エコアクション21ガイドライン2009年版(以下の業種を除く一般の事業者)

□業種別ガイドライン  

  □産業廃棄物処理業者向けガイドライン(産業廃棄物処理業者)

  □食品関連事業者向けガイドライン(食品関連事業者)

  □建設業者向けガイドライン(建設業者)

  □大学等高等教育機関向けガイドライン(大学等高等教育機関)

  □地方公共団体向けガイドライン(地方公共団体)

 

構築支援

(ア) エコアクション21審査人によるコンサルティング

「エコアクション21に、どのように取り組んだらいいかわからない」 「構築した環境経営システムが、ガイドラインに適合しているかわからない」などの悩みをお持ちの事業者の方は、審査を受ける前に、エコアクション21審査人の資格を有する者によるコンサルティング(指導・助言)を受けることができます。コンサルティングは有料で、エコアクション21地域事務局ぎふが審査人を紹介又は斡旋いたしますので、コンサルタント紹介・斡旋申込書書式をメールにてお送りいただくか又はお電話でご相談ください。

(イ) 集団コンサルティング

エコアクション21の普及、支援のため、自治体や関係企業・商工団体等の取りまとめによる次のプログラムがあります。詳しくは、エコアクション21地域事務局ぎふにお問い合わせください。

   自治体イニシアティブ・プログラム(中央事務局HP

    関係企業グリーン化プログラム

 *上記のプログラムについては、「EA21地域事務局ぎふから事業者の皆様に役立つお知らせ

 コーナー」をクリックし、ご参照願います。

 

エコアクション21の認証・登録

 ガイドラインに基づいて、エコアクション21環境マネジメントシステムを構築し、3か月の取組実績があれば、認証・登録のための審査を受けることができます。登録審査を受けるには、中央事務局H.Pに掲載されている登録審査申込書書式に必要事項を記入して、エコアクション21地域事務局ぎふにメールで送ってください。事務局チェックの後、代表者を押印し、環境活動レポート等必要書類を郵送して下さい。

エコアクション21の中間及び更新審査の申込

  1. 認証・登録は、2年ごとの更新となります。
  2. 認証・登録事業者は、認証・登録日の概ね1年後に中間審査を、認証・登録日から2年以内に更新審査をそれぞれ受審します。
  3. 更新審査で適合と認められた場合は、認証・登録時と同様の手続きを経て、認証・登録の更新を行います。
  4. 遅くとも認証・登録日の3~4か月前までに、EA21地域事務局ぎふから中間・更新審査申込書を事業者へメールで送ります。その書式の修正等を行い、EA21地域事務局ぎふに送り返してください。

 

エコアクション21のロゴマーク

  エコアクション21ロゴマークの商標権は、環境省が保有し、その管理は、エコアクション21中央事務局が行っています。

 エコアクション21認証・登録事業者、エコアクション21審査人及びエコアクション21地域事務局等の関係者は、EA21 ロゴマークをエコアクション21ロゴマーク使用規程に基づき使用することができ、名刺、パンフレット、カタログなどに印刷して使用することができます。

 ヘッダーの右のロゴマークは、エコアクション21地域事務局ぎふの認定番号の入ったロゴマークです。

エコアクション21審査人とは、

 エコアクション21の審査人とは、エコアクション21認証・登録制度において、事業者のガイドラインの要求事項への適合状況を、審査することができる個人の資格で、審査人には次のような資質が、求められています。

1. 環境問題や環境保全に関する基本的な知識を有していること

2. 事業者の環境保全活動に関する豊富な知見と経験を有していること

3. 環境マネジメントシステムに関する豊富な知見と経験を有していること

4. 審査事業者との間で適切なコミュニケーションが図ることができ適切な審査及び指導・助言を行うことができること

 

 審査人は、行動規範、遵守事項等を定めた審査人倫理規程に基づき、公平公正な審査行います。

 

   審査人は、中央事務局が行う試験に合格する必要があります。(毎年6月ごろ募集があります。)

 申請受付(書面試験に必要な書類を含む)→書面試験→筆記試験→面接試験→合格後講習

       (各試験合格者が次の試験を受けることができます。)

 

 岐阜県内の審査人のプロフィールは、中央事務局HPから、「リスト検索」→「お近くの審査人を探す」をクリックして、都道府県名のアイコンで”岐阜県”を選択して検索し、参照することができます。

  *関連する事項として「EA21審査人およびEA21部会からのお知らせコーナー」を参照願います。

エコアクション21地域事務局

  地域事務局は、地域等において事業者からの審査の受付、審査人の選定、審査計画書の確認、審査後の書類の受理・確認、判定委員会の開催等、事業者と審査人の間に立つとともに、エコアクション21の普及促進を行う中核的組織であり、公益的な活動を、継続的かつ公正に実施します。

 

エコアクション21地域事務局ぎふ

  エコアクション地域事務局ぎふは、岐阜県を中心にした地域の事業所における、エコアクション21の認証・登録事務を行っています。同時に、新規に認証・登録に挑戦する事業所様のご支援も行っています。

エコアクション21地域事務局ぎふにおける事務局員の対応時間

曜日:月、火、木、金  (但し、祭日を除きます。)

 時間:9:30~15:30

認証・登録事業者

  エコアクション21の認証・登録事業者数は、全国で約7,600事業者、岐阜県内で61事業者、その内エコアクション21地域事務局ぎふ扱いは39事業者となっております。(平成28年1月末)

詳細は、中央事務局のH.Pで、都道府県名のアイコンをクリックし、岐阜県を選択して検索して下さい。